絶対に失敗しないバイナリーオプションの始め方と注意点を解説

investment基礎知識

どうも!こんにちは!! 元お笑い芸人 投資家くまごろーの
ブログをご覧くださり誠にありがとうございます!!

「バイナリーオプションが気になっているけど、どのように始めれば良いのか分からない。まったくの初心者なので、すべての流れが分かるように解説して欲しいです」

というお声が多かったので!!本記事は上記の悩みに答える記事となっております!

 

副業が解禁され世間が副業ブームに後押しされる中、バイナリーオプションで副業を始めてみたいという方も増えていますよね!?しかし「投資」のようなイメージがあるバイナリーオプションでは、いざ始めてみようと思っても「なんだか怖い」といったイメージを持つ方も多いのが現状ではないでしょうか。

 

そこで本記事では、そもそもバイナリーオプションとはどういった仕組みなのかを解説し、併せてバイナリーオプションの始め方を解説します。さらに、バイナリーオプションを始める際の注意点も解説しますので、ぜひそこのあなたにも参考にしていただけたら幸いです!!

そもそもバイナリーオプションとは?

 investment

まずは、そもそもバイナリーオプションとはどういったものなのかを改めて解説していきますね!バイナリーオプションとは「FX取引の一種」であり、指定した数値よりも「上がるか・下がるか」を予測するシンプルな取引になります。

 

二者択一式の非常にシンプルな投資になるため、投資をまったく経験したことのない方でも取り組めるというメリットがあり、非常に人気のある投資の1つです!

めちゃくちゃシンプルな仕組みですから誰でも出来そうな印象をもちます。

在宅で何か投資を始めてみようと考える主婦の方や、仕事にプラスして副業を始めてみたいサラリーマンの方に人気の投資となっております!

 

バイナリーオプションは「上がるか・下がるか」といった仕組みになっていますが、例えばドル円」の取引に臨む場合、1ドル100円で取引を開始したとします。こちらの1ドル100円が、一定時間経過後(通常2〜3時間が1取引)に、1ドル100円よりも上がっていれば、上がった分がプラスになるという仕組みです。

バイナリーオプションのメリットとデメリットをご存じですか?

ここからは、バイナリーオプションのメリットとデメリットを解説させていただきます!バイナリーオプションのメリットとデメリットは改めて・・・下記の通りです!

 

メリット

  • 上がるか下がるかのシンプルな取引
  • 外れても賭けた金額しか損しない
  • 小額から始められる

デメリット

  • 勝ったとしても1枚あたり1,000円しか儲からない

 

それぞれを順番に解説して参ります!

メリット①:上がるか下がるかのシンプルな取引

1つ目にして最大のメリットが、上がるか下がるかのシンプルな取引であるという点です。FXなどを本格的に始めようと考えた場合、各国の世界情勢などを詳しくリサーチする必要があり、始めて投資を始めようと考えている方にはとても難しく感じてしまうでしょう!

 

さらに、新型コロナウイルスなどの、予測ができない事態が起きてしまう可能性もあり、まったくの初心者が取り組むにはかなりハードルが高いでしょう。

 

しかし、バイナリーオプションであれば「当然勉強する必要はある」のですが、上がるか、下がるかのシンプルな取引となっているため、非常に投資への参入障壁が低いと言えます。

メリット②:外れても賭けた金額しか損しない

2つ目のメリットは、外れても賭けた金額しか損しないということです。FXであれば「レバレッジ」と呼ばれる、入金額以上の金額で取引ができるシステムがあり、負けてしまったときはレベレッジを賭けた分だけ損をする仕組みになっています。

 

しかし、バイナリーオプションは1,000円を賭けた場合、負けてしまってもこの1,000円を損するだけであり、1,000円をかけて10,000円を損してしまう、なんてことは絶対に起こりません。自分の中で賭ける金額をコントロールできるのが魅力の1つです。

メリット③:小額から始められる

3つ目のメリットは、少額から始められるということです。バイナリーオプションの口座によっては、1枚あたり「50円」から始められるものがあり、少ない金額を賭けて、実践の中で練習していくことが可能です。

 

もちろん、小額から始められるとはいえ、適当な取引ばかりをしてしまうと、気づかぬ内に大金を損していたということに繋がりかねませんので注意が必要です。

メリット④:1日のトレードでも大金を稼ぐことが出来る

バイナリーオプションのデメリットは、勝てる天井知らずの費用を儲けることができます!

FXであればレバレッジを利かせても大きな損失が発生するこがありますがバイナリーオプションは投資金額以上の損失が発生すること無いため、圧倒的なのお金を儲けることが可能です!!

結果・・・

わたしはFXよりもバイナリーオプションをおすすめします!

 

バイナリーオプションは限りなくローリスク

ここまでバイナリーオプションのメリットとデメリットを解説してきましたが、バイナリーオプションは限りなくローリスクだと言えます!

なぜなら自分の中で使えるお金だけを入金し、そのお金以上に損をすることは仕組み上絶対に起こり得ませんし、1枚あたり50円から行える小額スタートができる点も魅力的です!

 

では、バイナリーオプションのメリットやデメリットを解説してきたところで、次はバイナリーオプションの始め方をご紹介します!

バイナリーオプションの始め方は全部で7ステップあります!

 investment

バイナリーオプションの始め方は7ステップありますが、実は驚くほどシンプルに始められます。その7ステップとは以下の通りです!

  • バイナリーオプション業者を選ぶ
  • Webサイトから申し込みをする
  • 本人確認書類・口座開設申込書を提出する
  • 口座開設承認まで待つ
  • 郵送書類のID・パスワードでログインをする
  • 口座に入金をする
  • 実際の取引を開始する

まずは、バイナリーオプションを始めるための口座(会社)を選ぶ必要があります!

なお、このあたりは後ほどご説明すさせていただきますおすすめの口座が2つありますので、自分のライフスタイルに合った方を選んでいただく形で構いません!

 

会社を決めたら、次に会社のWebサイトから口座開設の申し込みをしましょう!

本人確認書類や口座開設申込書を提出すると、3営業日ほどで承認結果が送られてきます。そちらの郵送書類に口座へのID等が記載されていますので、実際にログインしてみましょう!

 

口座にログインをしたら、まず口座に入金をする必要があります。(入金したお金を証拠金と呼びます)
証拠金がないと取引を始められないため、自分が取引に使うだけのお金を入金することで、実際に取引を開始できるようになります!

バイナリーオプションの審査基準

バイナリーオプションの口座開設は、誰でも審査に通るというわけではありません。審査基準がいくつか設けられており、代表的なものは下記の通りです!

  • 日本国内在住であること
  • 満20歳以上であること
  • 米国籍保有者もしくは米国在住者でないこと
  • 証券会社にお勤めでないこと
  • 取引先に必要であるお客様の個人情報を正確に提出できること

 

これらの審査基準はどの会社を選んでも共通である場合が多いです!

シンプルな取引とはいえリスクは存在しますので、そのために年齢制限などが設けられているということです!

バイナリーオプションの取引基準

続いて、バイナリーオプションの「取引基準」についてご紹介します。バイナリーオプションの口座を開設できたとしても、実は全員が取引をできるというわけではないのです。以下を満たしていない方は、バイナリーオプションの取引ができないので注意しましょう!

  • 金融資産が100万円以上であること
  • 年齢が80歳以下であること
  • 年収200万円以下の場合、貯蓄額が300万円以上あること
  • 原則、金融商品取り扱い業者の従業員でないこと

 

 

これらの基準を満たしていないと取引ができないため、必ず事前確認を行うようにしましょう。

バイナリーオプションにおすすめの口座3選

ここからは、バイナリーオプションにおすすめの口座を3つご紹介します。

①:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアは、バイナリーオプションを始める際に最もおすすめの口座です。私も

ハイローオーストラリアでトレードを行っています。

ハイローオーストラリアのメリットは「クレジットカードで入金できること」「短時間の取引ができること」の2つが挙げられます!

 

日本の口座だと、そもそもクレジットカードでの入金ができないため、いろいろと必要以上に手間を要します。また、取引時間も「最低2〜3時間以上」で設定されているため、サラリーマンの忙しい方などは、そこまで時間を確保することができませんよね。しかし、その点ハイローオーストラリアであれば、1時間や15分、1分や30秒といった短期取引が可能なため、隙間時間に取引をすることができます!

 

毎日3時間以上を取引に当てられるなら話は別ですが、初心者のうちは数をこなすためにも、まずは短期取引ができるハイローオーストラリアが最もおすすめの口座であり、これ以上の口座はないと思ってもらって構いません!

②:GMOクリック証券「外為オプション」

2つ目のおすすめ口座が、GMOクリック証券の「外為オプション」です。国内の知名度はNo.1といっても良いほど有名な講座で、これからバイナリーオプションを始めたいと考えている方は、まず開設しておくべき口座です!

 

GMOクリック証券の「外為オプション」は8年連続でFX取引高1位を誇っており、取引画面でチケットを購入する際、様々な倍率などの情報がすべて記載されているため、初心者の方でも取引に迷うことはありません!

 

これからバイナリーオプションを始めたいと考えている方は「すべてが不安で心配」という気持ちを持っている方も多いかと思います^^

 

しかし、信頼と安心感が抜群のGMOクリック証券の「外為オプション」であれば、不安を軽減して取引に臨めるはずです!

③:FXプライムbyGMO「選べる外為オプション」

3つ目のおすすめ口座は、FXプライムbyGMOの「選べる外為オプション」です。先ほどの「外為オプションと何が違うの?」という疑問を持つ方も多いと思いますが、これら2つに大きな違いがあるわけではありません。

 

最も違う点は「取引時間」です。先ほどの「外為オプション」が午前11時、午後1時、午後3時の取引時間であることに対して、「選べる外為オプションの取引時間」は午前10時、午後12時、午後14時となっています。

 

そのため、どちらの口座を開設していただいても問題ありませんが、「お昼時に取引をしたい!」という方は、どちらかといえば「選べる外為オプション」を選んだ方が、ライフスタイルに合わせやすいかと思います。

 

繰り返しですが、どちらも取引時間の他に大きな違いはないため、特にこだわりがない方は「外為ぷション」を選べば問題ないです!

バイナリーオプションを始める際の注意点

では、最後にバイナリーオプションを始める際の注意点を4つ開設してまいりますね!

  • 必要書類を事前に用意しておくこと
  • 審査落ちをしてしまうかもしれないこと
  • キャッシュバックキャンペーンは期限内に行うこと
  • 取引額に必ず限度を設けること

大変に見えますがそれぞれ順番に開設していけばすぐに終わります!

必要書類を事前に用意しておくこと

1つ目の注意点は、必要書類を事前に用意しておくことです。本人確認書類がないと口座を解説することすらできないため、事前に顔写真付きの証明書と、マイナンバーカードを用意しておきましょう!

 

顔写真付きの証明書は運転免許証などで構いませんが、運転免許証などをお持ちでない場合は、保険証や住民票の写しなどが必要になるため、口座を早く開設するためにも、事前に準備しておくことが大切です。

審査落ちをしてしまうかもしれないこと

2つ目の注意点は、審査に落ちてしまうかもしれないことです。審査に通せば誰でも受かるというわけではなく、上述した審査基準を基に審査が始まります。

また、他にも事前に防げたであろうケアレスミスで落ちてしまう場合があります!

 

例えば「申し込みフォームの記入ミス」や「申し込み書類の不備」などです。何度も審査に通すのは時間の無駄になりますから、必ずチェックをしてから審査に出しましょう!

キャッシュバックキャンペーンは期限内に行うこと

3つ目の注意点は、キャッシュバックキャンペーンは期限内に行うことです。稀に口座を開設してから、大幅に時間を空けて取引を開始される方がいます!

 

この場合だと、口座開設に付いてきたキャッシュバックキャンペーンの恩恵を受けられなくなるため、口座を開設したらまずは入金し、キャッシュバックキャンペーンが適用される内に取引を開始するようにしましょう!

取引額に必ず限度を設けること

4つ目の注意点は、取引額に「必ず」限度を設けることです。シンプルな取引とはいえ、負けてしまったら損をしていることに変わりはありません。「次こそは」と考え続けている内に、次第に証拠金は底をついてしまうでしょう!

 

「1日1,000円まで」「月に50,000円まで」など、必ず自分の中で限度額を決めるようにしましょう。また、限度額を超えたら絶対に次の取引を開始しない意志の強さも非常に重要になってまいります!

バイナリーオプションを実際に始めてみよう:まとめ

 investment

バイナリーオプションの始め方について解説をしてきました!

バイナリーオプションは小額で始められ、負けても賭けた金額しか損をしないメリットがありますが、際限なしに取り組むべきものではありません!

 

お金を儲けるために始めるのですから、必ず大きな損をしない意識で取り組むことを忘れないようにしましょう。まずは、本記事で紹介した3つの口座のどちらかを開設し、実際に取引を始めてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました